ぶらり散歩、気になるスポット探訪、見聞録

ぶらり探訪 GNH358

蕎麦

東白庵かりべ-飯田橋: 神楽坂の路地裏でこだわりの蕎麦前と十割蕎麦

更新日:

【飯田橋駅・牛込神楽坂駅/そば】「東白庵かりべ(とうはくあん かりべ)」:竹やぶで修業~竹やぶ 六本木ヒルズ店店主~独立開業、阿部孝雄の継承

 

神楽坂から路地を入って、さらにひと目に付きづらい場所にある「東白庵かりべ」。

「東白庵かりべ」師匠 阿部孝雄から贈られた屋号“東白庵”

店主は,「竹やぶ」阿部孝雄に弟子入り8年間の修業。
「竹やぶ 六本木ヒルズ店」ではオープン時から8年間店主を勤めて、ミシュランガイドの星も獲得。

そして、2011年9月16日、この地に独立開業しました。

「東白庵かりべ」の「東白庵」は師匠が命名。
「かりべ」とは、店主の苗字(苅部)。

*竹やぶ 竹やぶ:新しい蕎麦職人の領域を創造した阿部孝雄の系譜

『東白庵かりべ』竹やぶ あべたかお(阿部孝雄)
(撮影日=2014年4月14日)

蕎麦へのこだわり

長野県黒姫産と新潟県塩沢産を中心に玄蕎麦を仕入れて自家製粉。
毎日石臼で自家製粉した蕎麦粉をブレンドして打つ十割蕎麦に仕立て上げています。

蕎麦前へのこだわり

厳選したビール、ソフトドリンク、日本酒、ワイン、焼酎、梅酒。

店主と同世代の杜氏が醸している、通好みの日本酒を選別。
ワインと料理の組み合わせにもこだわり、シャンパーニュ、スパークリング、赤・白・ロゼを常時約40種取り揃えています。

空間演出へのこだわり

師匠阿部孝雄の竹やぶを思わせる、門構え~通路~店内装飾。

 

『東白庵かりべ』師匠の書 竹やぶ あべたかお(阿部孝雄)
(撮影日=2014年4月14日)

「東白庵かりべ」お品書き ※2018年7月現在(税抜)

■蕎麦

・せいろそば¥1,000
・田舎せいろ¥1,000*玄そばを皮ごと石臼で挽きました
・とろろそば¥1.300
・納豆そば¥1,300
・追加そば\850
・そばがき¥1,300
・かけ¥1,000
・にしんそば¥1,800
・天せいろ¥2,400
・天ぷらそば¥2,400

■甘味
水あずき¥450
ピスタチオのジェラート¥450

■コース

「東白庵かりべ」日本酒・焼酎・ワインとの相性抜群の「あて」

まさに『竹やぶ』系譜のお品書き。

とうふ¥600
ぜんまい¥600
玉子焼き¥600
焼味噌¥600
野沢菜¥430
もずく¥450
前菜盛り合わせ¥1,000*その日のおすすめの前菜が盛られたひと皿
海老の味噌焼き*二本¥700
皮くじら¥600*くじらの皮の梅肉あえ
にしん¥1,000
板わさ¥1,300*ハモのすり身
天たね¥1,600*才巻エビを贅沢に使った天だね
天ぬき¥1,600
野菜の天ぷら¥800

季節のおすすめ

※店内のお品書きをご覧下さい。
・カキの天ぷら
・秋ナスの旨煮
・イクラの茶碗蒸し
・赤土ゴボウとベビーリーフのサラダ
・秋刀魚の天ぷら
・〆サバの燻製
・甘エビの塩辛
・秋の素揚げ
=20018年7月=
・白魚の酒だし唐揚げ¥600
・蒸し野菜 貝柱と海苔の餡¥600
・しいたけ焼¥600
・からすみ¥1,300
・ホワイトアスパラの煮びたし¥600

蕎麦の味を引き立てるこだわりのワイン・日本酒・焼酎・梅酒

■20018年7月現在
=ワイン=
※シャンパーニュ、スパークリング、赤・白・ロゼ
各種取り揃えております。

=ビール、ソフトドリンク=
・アサヒ熟撰 生ビール¥600
・八海山地ビール(ヴァイツェン)330ml¥800
・ノンアルコールビール(キリンフリー)330ml¥500
・長野・黒姫100%りんごジュース¥500
・ジンジャーエール¥300
・ウーロン茶¥300
・ミネラルウォーター(イタリア・トレンティーノ州産 ガス入り or 無し) 750ml ¥600

=日本酒=
・八海山/はっかいさん 本醸造 (新潟/五百万石) 日本酒度 +5¥900
・天狗舞/てんぐまい 純米山廃仕込 (石川/五百万石) 日本酒度 +4¥1,200
・天明/てんめい 純米吟醸他 (福島/山田錦他) 日本酒度 +3¥1,500
・山和/やまわ 純米吟醸 (宮城/美山錦) 日本酒度 +2¥1,300
・貴/たか 濃醇辛口80 純米酒 (山口/山田錦) 日本酒度 +12¥1,300
・七本槍 純米吟醸(滋賀/玉栄他)¥1,300
・鄙願/ひがん 大吟醸 (新潟/たかね錦) 日本酒度+3 ¥2,200

★今月の銘酒 店内でご確認ください。

=焼酎・梅酒・リキュール=
・おろしそば職人 (そば/福井県産そば)¥700
・天の川 (麦/長崎・壱岐)¥700
・佐藤 黒/さとう (芋/鹿児島)¥1,300
・鳥飼 (米/熊本)¥700
・八海山の焼酎で仕込んだ梅酒 (梅/新潟)¥700
・小野屋 かぼす100%使用したリキュール酒 (かぼす/大分)¥700
・ボトル焼酎 そば・米 各種(4合瓶)¥4,500~4,800
※ソーダ割、特製・濃いトロトロ蕎麦湯割りは+200円

「東白庵かりべ」蕎麦前


『東白庵かりべ』ビール:八海山泉
(撮影日=2014年4月14日)

 


『東白庵かりべ』日本酒:天明
(撮影日=2014年4月14日)

 


『東白庵かりべ』日本酒:天明ラベル
(撮影日=2014年4月14日)

「東白庵かりべ」あて(酒肴)


『東白庵かりべ』お通し
(撮影日=2014年4月14日)

 


『東白庵かりべ』そばがき
(撮影日=2014年4月14日)

 


『東白庵かりべ』そばがき 薬味・つゆ
(撮影日=2014年4月14日)

『東白庵』そば

香り、風味、喉越しのバランスが素晴らしい十割蕎麦『せいろ』


『東白庵かりべ』せいろ
(撮影日=2014年4月14日)

 


『東白庵かりべ』せいろ
(撮影日=2014年4月14日)

 

玄そばを皮ごと石臼で挽いた「田舎せいろ」


『東白庵かりべ』田舎せいろ
(撮影日=2014年4月14日)

 


『東白庵かりべ』蕎麦湯
(撮影日=2014年4月14日)

「東白庵かりべ」店内


『東白庵かりべ』 西洋アンティークの椅子などで独特の空間演出された店内は、まさに「竹やぶ流」。
(撮影日=2014年4月14日)

 


『東白庵かりべ』店内 テーブル席
(撮影日=2014年4月14日)

 


『東白庵かりべ』店内 2名席
(撮影日=2014年4月14日)

 


『東白庵かりべ』店内 個室2名席
(撮影日=2014年4月14日)

「東白庵かりべ」外観

「ミシュランガイド」で、2018年一つ星を獲得。
神楽坂の路地裏のさらに奥まったところ。

 


『東白庵かりべ』外観・暖簾
(撮影日=2014年4月14日)

 


『東白庵かりべ』
(撮影日=2014年4月14日)

 


『東白庵かりべ』入り口への通路
(撮影日=2014年4月14日)

【お店データ】「飯田橋・牛込神楽坂」東白庵かりべ  

*交通:東京メトロ有楽町線・南北線/飯田橋駅 徒歩5分
>都営地下鉄大江戸線/牛込神楽坂駅 徒歩5分
>JR中央・総武線/飯田橋駅西口 徒歩6分
>東京メトロ東西線、都営地下鉄大江戸線/飯田橋駅 徒歩10分
*所在地=東京都新宿区若宮町11-7
*TEL=03-6317-0951
*営業時間=[月・火・木~土]11:30~14:30(L.O)、18:00~22:00(L.O)
>[日・祝・年始]11:30~21:00(L.O)
*定休日=水曜日(祝日の場合営業)
*支払い方法=カード利用可(JCB、AMEX、Diners、VISA)
*席数=22席
*完全禁煙
*駐車場=なし※近隣にコインパーキング有り
*オープン日=2011年9月16日

 

『東白庵かりべ(とうはくあん かりべ)-飯田橋 GNH358』
参照:竹やぶ 竹やぶ:新しい蕎麦職人の領域を創造した阿部孝雄の系譜
>竹やぶの系譜>じゆうさん
じゆうさん-東長崎:粋な蕎麦前と蕎麦の香りや味を愉しむ蕎麦屋時間
>竹やぶの系譜>玉笑
玉笑(たまわらい)-明治神宮前:蕎麦作りへの情熱が生む粗挽きせいろ
初稿:2014年4月14日
最新更新日:2018年10月22日

-蕎麦
-

Copyright© ぶらり探訪 GNH358 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.