ぶらり散歩、気になるスポット探訪、見聞録

ぶらり探訪 GNH358

蕎麦

そばきり すゞ木-保谷:そば三昧コースで味わう絶品二色の手挽き蕎麦

更新日:

【保谷駅/そば】季彩 そばきり すゞ木(すずき):住宅街の隠れ家で,そば三昧コース(1500円)、さらに贅沢な蕎麦懐石おまかせコース(2500円)を堪能


『季彩 そばきり すゞ木』外観 ※営業時間表示は、最新ではありません。

「そばきり すゞ木」店主厳選蕎麦前は、手の込んだ酒肴と共に。〆に香り豊かな手挽き十割そば。

1997年(平成9年)に創業、いつしか蕎麦通に注目される店となった、
季彩 そばきり すゞ木(すずき)

居心地に良い空間で、
店主こだわりの蕎麦前を
おまかせコースで嗜み、
〆の蕎麦を堪能する。

厳選した酒、手の込んだ料理(酒肴)、豊かな香りと独特の食感の手挽き蕎麦、
それぞれの評価があっという間に浸透して

開店と同時に入店しても、
“予約で売り切れ”という日があるほどの人気ぶり。

事前の電話予約必須店となりました。

今では、昼の営業だけとなり、

メニューは、「そば三昧」か「おまかせ」のコースで
そば単品は十割ではない、「二八もりそば」、「かき揚げそば」、「鴨つけそば」など。

出される蕎麦はすべて手挽き。

殻付きの玄蕎麦の細かめの粉と殻を剥いた丸抜きの粗めの粉を一対二にブレンドして打たれる「すゞ木」の蕎麦。

営業時間は短くなっても、蕎麦の味わいと、
店主こだわりの日本酒は健在です。
*予約をお勧めします。

住宅街の隠れ家へのアクセスは、
西武池袋線保谷駅南口から、南大泉の住宅街を目指します。

目印は、広い敷地の「ほうや幼稚園」。
カラフルな遊具が揃う園庭の斜め向かいです。

「季彩 そばきり すゞ木」十割そばのコース“そば三昧“


『季彩 そばきりすゞ木』
そば茶がなんともいえないいい香り。
食欲をそそります。
(撮影日=2013年4月10日)

 


『季彩 そばきりすゞ木』
そば三昧 前菜三品
(撮影日=2013年4月10日)

 


『季彩 そばきりすゞ木』
前菜「ぜんまいと油揚げの煮物」
素朴ながらしっかりとした味わい。
一口これを食べた瞬間に、蕎麦前(日本酒)にぴったりという印象。
(撮影日=2013年4月10日)

 


『季彩 そばきりすゞ木』
前菜「卯の花」
お酒にも合う、ほのかな甘み。
これはもう、和食=日本料理の領域ですね。
(撮影日=2013年4月10日)

 


『季彩 そばきりすゞ木』
副菜「蕎麦豆腐」
口当たりがとても滑らか。
蕎麦の香ばしさに胡麻の甘みも加わって、優しい味。
(撮影日=2013年4月10日)

 


『季彩 そばきりすゞ木』
副菜「そばがき」
表面に見える粗挽きの粉。蕎麦の香りがいい感じ。
ふわふわで滑らかな絶品です。
(撮影日=2013年4月10日)

「蕎麦二色」


『季彩 そばきりすゞ木』
蕎麦一枚目:創作蕎麦=胡麻と豆乳のあえそば
自然な甘さが控えめながら、そばの味わいはしっかりと。
(撮影日=2013年4月10日)

 


『季彩 そばきりすゞ木』
蕎麦二枚目:せいろ
通をうならせる、すゞ木の十割そば。
(撮影日=2013年4月10日)

 

『季彩 そばきりすゞ木』
蕎麦二枚目:せいろ
(撮影日=2013年4月10日)

 


『季彩 そばきりすゞ木』
デザート:そばぼうろ
(撮影日=2013年4月10日)

 

「季彩 そばきり すゞ木」そば単品“粗挽きの手挽きせいろ“


『季彩 そばきり すゞ木』「粗挽きの手挽きせいろ そばつゆ」
濃色ですがうまみが利いて、
細切りのそばによくからむそばつゆ。
おろしでいただきます。
※蕎麦猪口は写っていません。
(撮影日=2013年4月10日)

 


『季彩 そばきり すゞ木』「粗挽きの手挽きせいろ」
蕎麦の香りは上品に。
端正な細切りは、コシがあってのど越しもよし。

最初は、そばだけで・・・
続いては、つゆを少々・・・
さらに、おろしを少し加えて・・・
(撮影日=2013年4月10日)

「季彩 そばきり すゞ木」 創作蕎麦リスト

2016年6月:トマトの冷かけそば
2014年1月:トマトとチーズの温蕎麦
2013年6月:トマトと夏野菜の冷かけそば
2012年12月:玉子とじそば
2011年11月:豆乳胡麻和えそば
2009年6月:冷かけ 薬味=なめこ、茄子、茗荷

「季彩 そばきり すゞ木」 店内


『季彩 そばきり すゞ木』
14席ほどの店内。
クラシックのBGMで、さらに落ち着かせてくれます。
(撮影日=2013年4月10日)

 

「季彩 そばきり すゞ木」 外観


『季彩 そばきり すゞ木』外観
(撮影日=2015年3月6日)

 


『季彩 そばきり すゞ木』暖簾
(撮影日=2015年3月6日)

 


『季彩 そばきり すゞ木』
昼のみの営業となりました。※当時の定休日。
(撮影日=2015年3月6日)

 


『季彩 そばきり すゞ木』
かつては夜営業していました。
(撮影日=2013年4月10日)

 


『季彩 そばきり すゞ木』
(撮影日=2013年4月10日)

「そばきり すずき」お品書き※2018年3月

十割そばのコース

・そば三昧 ¥1,500
・おまかせ ¥2,500
・二八もりそば ¥800
・かき揚げそば ¥1,200 *温または冷
・鴨つけそば ¥1,300

蕎麦前

・エビスビール
・ハートランド
・そば酎
・地酒
>越乃影虎 冷酒8酌¥500 燗酒1号¥600
>雪の茅舎 冷酒¥700
>東光 冷酒¥800
>東北泉 冷酒¥600
>麓井 冷酒¥1,000
>加賀鳶 冷酒¥800
など

【お店のデータ】保谷駅「季彩 そばきり すゞ木(すずき)」

*交通=西武池袋線/保谷駅 南口徒歩8分
*所在地=東京都練馬区南大泉4-43-32
*TEL=03-5387-2010
*営業時間=11:00~14:00(L.O)※但し蕎麦売り切れ次第終了。
*定休日=木曜日・金曜日(祝日は営業)
*支払い方法=カード不可
*席数=14席(4人掛けテーブル×3、2人掛けテーブル×1)
*予約可
*完全禁煙
*駐車場=有 2台
*創業=1997年

アクセス 保谷駅からの徒歩ルート


『季彩 そばきりすゞ木』
保谷駅南口界隈から旧早稲田通りを
富士街道、石神井公園方面に向かうとこの案内看板があります。
(撮影日=2015年3月6日)


『季彩 そばきりすゞ木』
(撮影日=2015年3月6日)

 


『季彩 そばきりすゞ木』
この先の右側にあります。
(撮影日=2015年3月6日)

 

『そばきりすゞ木-保谷:そば三昧で味わう絶品二色の手挽き蕎麦 ぶらり探訪GNH358』
初稿:2013年4月10日
最新更新日:2018年11月4日

-蕎麦

Copyright© ぶらり探訪 GNH358 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.