ぶらり散歩、気になるスポット探訪、見聞録

ぶらり探訪 GNH358

蕎麦

狭山 翁 (さやまおきな)-下山口:自然な甘味、淡い緑色の二八蕎麦

更新日:

【所沢・下山口・小手指/そば】手打そば 狭山 翁: 翁達磨 高橋邦弘の下で修業、一門の箱根暁庵を経て2001年開業

「狭山 翁」の店主は、翁達磨 高橋邦弘の元で3年修行の後に
翁達磨一門の箱根暁庵を経てこの地で独立しました。

開業は2001年。

「狭山 翁」蕎麦へのこだわり、手作業で丁寧に不純物を取り除き、皮むきから石臼挽きまで完全自家製粉

毎年秋に実のまま1年分を一括購入して、地下室で低温保存。

新鮮なそば粉を提供するために、手作業で丁寧に不純物を取り除き、
前日に皮をむき、粉を挽いています。

北海道産・茨城産・長野産・埼玉県三芳町産の玄そばをブレンドして、
石臼挽きで自家製粉。

そのために17時で営業終了です。

おすすめは、「そばセット」。

*ざる又はかけそば、
*こだわりのおぼろ豆腐、焼き味噌、茄子の煮びたし、
*デザート(そば白玉ぜんざい又は杏仁豆腐)

こだわりのおぼろ豆腐、焼き味噌、茄子の煮びたしは、
蕎麦前のあてにぴったりです。

おぼろ豆腐そばの、
ほんのりとした“緑色”を見ると、
「狭山 翁」に来たな~という思いで満たされます。

「狭山 翁」蕎麦前


『手打そば 狭山 翁(さやま おきな)』
ビールは、エビスか一番搾りの選択となります。
(撮影日=2014年1月19日)

 


『手打そば 狭山 翁(さやま おきな)』
ビールには、塩豆が付いています。
(撮影日=2014年1月19日)


『手打そば 狭山 翁(さやま おきな)』
今だけの限定酒~大信州 別囲い純米吟醸酒 番外品
(撮影日=2014年1月19日)


『手打そば 狭山 翁(さやま おきな)』
今だけの限定酒~大信州 別囲い純米吟醸酒 番外品
(撮影日=2014年1月19日)


『手打そば 狭山 翁(さやま おきな)』
日本酒には焼き味噌が付きますが、そばセットに焼き味噌が入っているので、
替わりに、「わさびの醤油漬け」をサービスしてくれるという心遣いがうれしいですね。
(撮影日=2014年1月19日)

「狭山 翁」お薦め品 そばセット

狭山翁140119-008
『手打そば 狭山 翁(さやま おきな)』
「お薦め品 そばセット」
*ざる又はかけそば、
*こだわりのおぼろ豆腐、焼き味噌、茄子の煮びたし、
*デザート(そば白玉ぜんざい又は杏仁豆腐)
(撮影日=2014年1月19日)

 

狭山翁140119-009
『手打そば 狭山 翁(さやま おきな)』
こだわりのおぼろ豆腐:ほんのりとした緑色
何もつけずにそのまま食べると、青大豆の風味がよくわかります。
(撮影日=2014年1月19日)

 

狭山翁140119-011
『手打そば 狭山 翁(さやま おきな)』
「焼き味噌」
味噌に、そばの実、刻みネギ、砂糖、煮切り酒、鰹節などで味付けして
焼いたものです。
日本酒一合に、焼き味噌一本が付きます
(撮影日=2014年1月19日)

 

狭山翁140119-010
『手打そば 狭山 翁(さやま おきな)』
「茄子の煮びたし」
(撮影日=2014年1月19日)

「狭山 翁」そば


『手打そば 狭山 翁(さやま おきな)』
「ざるそば」淡い緑色
(撮影日=2014年1月19日)

 


『手打そば 狭山 翁(さやま おきな)』
「田舎そば(土日限定)」ほんのり緑色

「ざるそば」とは、見た目も、蕎麦の香りと風味も、異なります。
丸抜きの皮を少し多めにいれて挽くと、
色に少し黒さが出るようですよ。
(撮影日=2014年1月19日)

 


『手打そば 狭山 翁(さやま おきな)』
「蕎麦湯」
(撮影日=2014年1月19日)

「狭山 翁」デザート


『手打そば 狭山 翁(さやま おきな)』
「デザート そば白玉」
(撮影日=2014年1月19日)


『狭山 翁(さやま おきな)』
「デザート そば白玉」

カリカリに炒られた蕎麦の実と、ふわふわの白玉。

汁粉にそば湯が使われていて、甘さ控えめ。
※そばでできている白玉ではないそうです。
(撮影日=2014年1月19日)

「狭山 翁」店内


『手打そば 狭山 翁(さやま おきな)』
店内に入ると、この姿がお出迎え。
ガラスの奥が蕎麦打ち場。
(撮影日=2014年1月19日)

 


『手打そば 狭山 翁(さやま おきな)』
小上がり2卓8席、テーブル3卓12席
(撮影日=2014年1月19日)

「手打そば 狭山 翁」外観

 


『手打そば 狭山 翁(さやま おきな)』

店の前の道は、桜並木。
桜満開風情で蕎麦を嗜む、それも魅力です。
(撮影日=2012年12月13日)

 


『手打そば 狭山 翁(さやま おきな)』
駐車場は3台分
(撮影日=2012年12月13日)


『手打そば 狭山 翁(さやま おきな)』
(撮影日=2012年12月13日)

「狭山 翁(さやま おきな)」お品書き(税込)※2018年9月現在

・ざるそば¥870
・おろしそば¥1,030
・とろろそば¥1,240
・鴨せいろそば¥1,040
・天せいろそば¥1,620
・穴子天せいろそば¥1,670
・そばセット¥1,620
*ざる又はかけ*こだわりのおぼろ豆腐、焼き味噌、茄子の煮びたし、デザート
・田舎そば(土日限定)¥870
・各種大盛り¥325

おつまみ

・青豆のおぼろ豆腐¥325
・そばがき¥870
・天ぷら盛り合わせ¥870

デザート

・そば白玉¥325
・杏仁豆腐¥325

お飲み物

ビール
・キリン一番絞り¥520
・エビス¥570

日本酒

こだわりの地酒を各種置いております。

・キリンフリー¥325
・オレンジジュース

今だけの限定酒

・開運(静岡)純米吟醸あさば一万石¥930
・五橋(山口)純米吟醸生原酒 西都の雫¥930
・花の香(熊本)純米大吟醸無濾過生¥930
・獺祭(山口)純米大吟醸¥930
・十四代(山形)純米吟醸播州愛山¥1,200

【お店のデータ】手打そば 狭山 翁(さやま おきな)

*交通=西武狭山線/下山口駅 徒歩12分
>西武池袋線/小手指駅南口から西武バス「小手01」乗車
( 終点)椿峰ニュータウン下車徒歩3分
*所在地=所沢市小手指南1-17-34
*TEL=042-903-9940
*営業時間=11:00~17:00
*定休日=月曜日(祝祭日は営業、翌日の火曜日が振替休)
*席数=20席(テーブル3卓12席、座敷2卓8席)
*予約可否=予約可
*完全禁煙
*駐車場=3台

『狭山 翁(さやま おきな)』アクセス

*電車利用=西武狭山線下山口駅を出て右(踏切を渡らず)へ。
>下山口駅入口交差点から、山口中学校方面を目指します。
>なだらかな坂道を登ってさらに進み、少し下ったところの右側。

『狭山 翁 (さやまおきな)-下山口:自然な甘味、淡い緑色の二八蕎麦 ぶらり訪問GNH358』
参考:翁達磨:自家製粉手打ち蕎麦名人高橋邦弘の系譜
初稿:2012年12月13日
最新更新日:2018年10月27日

-蕎麦
-,

Copyright© ぶらり探訪 GNH358 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.